Google スマホ対応について

最近Googleからウェブマスターツールにモバイル最適化が出来てない、という警告メッセージが来ることがあります。
Googleから「4/21から検索順位に"スマホ対応"を対象とする」発表もありました。
しかし、私は今のところ無視して良いと思います。

関連情報
https://www.suzukikenichi.com/blog/mobile-friendly-as-a-ranking-factor/

■SEOへの影響
ランキング要素にはなりますが、影響を受けるのはスマホだけです。
おそらく、Google社内的にも見解が分かれていると思うので、SEOランキングの重要要素にはならないと思います。
影響は軽微か、いったん強めに導入されてから調整が入るでしょう。


■ユーザビリティへの影響
また、対応するということは、スマホでは見やすくなりますが、PCのユーザービリティは犠牲になることが多いです。
それどころか、スマホで操作しやすくすることで、ユーザーから見ると一覧性が阻害されて使いにくくなった、という意見も増えています。
そのため、スマホでもPCサイトを見せたほうが良い、という意見も増えてきています。

まだスマホ対応はベストプラクティスが共有されていない段階です。
つまり、ユーザーのメリットを考えると対応するのが良いのかどうか怪しいところです。

GoogleがSEOのための対策について、それが良いか悪いかを判断するときに「検索エンジンが無くてもそれをやるかどうか」が基準だと言いました。
その意味では対策不要でしょう。


■ネットショップの対応
ちなみに、フューチャーショップで毎月5000円で自動変換するモバイルサイトはGoogleのモバイルフレンドリーテストでは問題ありませんでした。

モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

試したのは以下のサイトです。
http://www.kojima-ya.com/
http://www.ozie.co.jp/
http://www.e-jewelry.co.jp/