選択と集中が明暗を分けた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

8月28日 日経新聞の社説から。

国内大手半導体企業の明暗が分かれている。
東芝、ソニーは新規の大型投資に動き出しているが、富士通やルネサスは事業縮小している。

技術力や人材の厚みに差が無かった各企業に、10年間でどうしてここまで大きな差がついたのか。「経営」の違いである。つまり、10年前の選択と集中が今の結果を分けたのだ。

-----

まさにネットショップの10年後も同じことが語られることでしょう。
ただ拡大を目指す時期は終わりました。
選択と集中が必要なときです。
環境の変化を見逃しませんように。